リコピンに関するQ&A

リコピンに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「リコピン」をご覧ください。

2015年01月10日 Q.質問
ビタミンEは脂溶性ビタミンであり、身体に蓄積されやすく、過剰摂取にならないよう注意しなければいけないそうです。そして、一日の目安は7mlぐらいとか。 私は今、トマトリコピンに注目しているのですがサプリメントでは何故かどの企業もビタミンEを20mlとか配合しています。普通に考えて良くないと思うのですが、大丈夫なのでしょうか?私の杞憂でしょうか…
見つかりませんでした
 

2015年01月25日 A.回答
★ご質問どうり ビタミンEは脂溶性ビタミンです。 ★脂溶性ビタミンとは、名前の通り脂分に溶けるビタミン類のことで、 「ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK」が脂溶性ビタミンに分類され 体に蓄積する事ができます。 ★サプリメントは厚生労働省による薬事法の基準や取締りはない製品が多く 食品(健康食品・健康補助食品)などに分類されていますから 脂溶性ビタミンに関して衛生法での基準になりますから 自己管理で注意をする必要はあると思います。 http://suplaw.jp/definition.html *過剰摂取による影響 ビタミンA:胎児の奇形 ビタミンD:高カルシウム血症 ビタミンE:下痢 ビタミンA 一日の所要量(成人):男性600μg、女性540μg 許容上限:1500μg ビタミンD 一日の所要量(成人):2.5μg 許容上限:50μg ビタミンE 一日の所要量(成人):男性10μg、女性8μg 許容上限:600μg ビタミンK 一日の所要量(成人):男性65μg、女性55μg 許容上限:30,000μg ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つ働きをもっています。 過剰にとると頭痛や吐き気、疲労感などがあらわれます。また、欠乏すると夜盲症、角膜乾燥症を引き起こす可能性があります。 ビタミンDは骨の形成に重要なビタミンで、過剰にとると骨や臓器にカルシウムが蓄積し毒性を示すことがあります。 また、欠乏症としてはくる病が知られています。 ビタミンEは血液の流れをよくする働きがあります。そのため、過剰に摂取した場合、血が固まりにくくなります。 また、欠乏すると貧血を起こす可能性があります。 ビタミンKは血液の凝固性を保持する働きがあります。そのため、欠乏すると血が固まりにくくなります。 過剰症はあまり知られていません。 お元気で・・・ 薬剤師
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。