レクチンに関するQ&A

レクチンに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「レクチン」をご覧ください。

2014年12月20日 Q.質問
この問題が意味わかりません!教えてください。 Rho(D)式血液型判定で抗D血清およびRh対照の反応が非凝集であった.Rho(D)陰性と判定するために必要な追加検査はどれか. 1.直接抗グロブリン試験 2.間接抗グロブリン試験 3.吸着解離試験 4.レクチン凝集法 5.混合受身赤血球凝集法 抗D血清と対照が陰性だった場合、確認試験で37度で反応させたあと抗ヒトグロブリン血清を加えますよね?これって直接抗グロブリン試験じゃないですか?? 答えは2だったんですけどなぜ間接になるのでしょうか? さらにそのあとの陰性確認のクームス血清を加えるのは間接のような気もしますが・・・ よくわかりません。
見つかりませんでした
 

2014年12月27日 A.回答
直接抗グロブリン試験とは体内で抗体感作した赤血球に対して行うものです。今回のは試験管内で赤血球と抗血清を反応させているので、間接抗グロブリン試験です。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。