マスキング(体臭予防)に関するQ&A

マスキング(体臭予防)に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「マスキング(体臭予防)」をご覧ください。

2010年09月19日 Q.質問
体臭と香水の関係について首をかしげています。思い当たる女性の方もいらしゃるのではないかと思いますが、定期的に自分の体臭を強く感じます。本人が気になるだけで周囲の人には分からないと言われましたが、どうしても気になり、少し前から香水の着ける位置を太腿の内側に変えました。使っているのは、以前なら1プッシュすると匂いが強すぎて、しっかり着かないよう頭上に吹いて被っていた香水ですが、そのころも、直接吹き付けている今も、香水を着けている事は周囲にあまり意識されていないようです。気を使わずに匂いの事を教えてくれそうな知人に訪ねたら、体の匂いを嗅ぐ素振りをされたので、あまり強く匂わないのだろうと判断しましたが、自分では服の隙間から匂いが上がって来るので、前よりも強く感じます。お訊ねしたいことは、体臭を隠すための香水の付け方と匂いの傾向についてです。体臭を抑え込む場合と、香りを楽しむだけが目的の場合とでは、着け方が何か違うのでしょうか?匂いが外に漏れていないという事は、私の鼻にだけ香水の香りがして、他人の鼻に体臭が分かるという事もあるでしょうか?私の体臭も香水も、周囲にあまり匂わないらしいのですが、マスキングに適した香りとそうでないもの、体臭と混じった時、もちろん人それぞれ好みが分かれるでしょうが、他人から不快な匂いに感じられ難い香りの傾向はありますか?ご意見をお聞かせいただけると嬉しいです。今使用しているのはブルガリのオムニア クリスタリンです。
見つかりませんでした
 

2010年09月26日 A.回答
頭上からかぶる付け方が、香水そのものの香りだけ楽しむやり方だと思います。なぜなら、その人の体温に関係なく揮発していくからです。頭上にふいていた時に周囲が気づかなかったのは、ヘア製品と勘違いされていただけじゃないですか?だから本人は香水を感じても、周りは香水と分かっていないと。オムニアクリスタン自体は弱めの香りなので、太ももの内側1プッシュくらいでは朝つけたら昼には落ちてますよ。やはり周りには分かりません。自分の経験ですが、自分の体臭は上半身から感じます。動いて体温が上がった時に服の隙間、つまり胸元からニオイを感じます。香水は腰と下着に付けるから、香水と混じったニオイになってますね。(デリケートゾーンが気になる場合もありますが、これって本人の自意識過剰で、周りは分からないみたいです。生理中なのをニオイで当てる人はいないでしょ?(稀に鼻がよほどきくのか変なヤツもいますが;))質問者様の場合だと、腰から上には香水が付いてないので、体臭のみを感じているのではないでしょうか。それをマスキングしたいなら、自身の体温で暖められて香りが立ち上るように、肌に直接つける事だと思います。自身にも感じられるように、せめて腰に付けて下さい。で、体臭と混ざった時に人に不快感を与えない香りですが…そこまで神経質ならいっそ無臭に…と思わないでもないです。体臭が違うから香水の香り立ちが違うし、人によってはアルコール臭を感じた時点でNGな場合もありますからね。とはいえ、それだとアレなので。上品なフローラルブーケ。緑茶やラベンダーのリラックス系。少し甘さのあるグレープフルーツ(日本人が好むアロマオイルNo.1だそうです)これらだと好印象かと思います。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。