ハーブティー

ハーブティー(Herbal tea)とはハーブを乾燥してお茶として利用するものを指す。ハーブを乾燥させて作ることができる。近年は健康食品として注目されており、健康目的で愛飲する人も増えている。ハーブが持つ効果効能を手軽に取ることができる。

バナジウム

バナジウムはコレステロールの合成を抑制することにより動脈効果や心臓発作を予防するといわれている。

バランスボール

バランスボールとは、エクササイズボールなどとも呼ばれるボール。強度のあるゴム風船...

バランスボール

バランスボール(ばらんすぼーる)とは、ダイエットなどのエクササイズで用いられる大きめのゴム状のボール。バランスボールの上に寄りかかったりすることによりストレッチやエクササイズを行うことができる。

バリン

バリンは、必須アミノ酸の一つで、ロイシン、イソロイシンとともに分岐鎖と呼ばれる構造を持つ。

パラチノース

パラチノースは、ショ糖における果糖のブドウ糖の結合法を変えた物質。

パントテン酸(ビタミンB5)

パントテン酸(ぱんとてんさん)とは、ビタミンB5とも呼ばれビタミンB群の一つ。水溶性ビタミン。糖質・脂質・タンパク質の代謝促進作用を持つ栄養素。

発毛剤

発毛剤(はつもうざい)とは、髪の毛を発毛させることを目的とした薬剤。発毛剤は医師による処方箋により薬局で購入する薬で育毛剤とは異なる。08年現在、発毛剤として日本国内で認可されている薬は少なく、代表的な発毛剤としては大正製薬のリアップ(ミノキシジル)、万有製薬のプロペシア(フィナステリド)などがある。

肌年齢

肌年齢(はだねんれい)とは、肌のハリやしわなどの程度を示すもので、スキンケアなどにおける目安となるものである。肌年齢が実年齢より若いほど、より肌にハリがあるということになる。

西洋ハーブ薬

西洋ハーブ薬(西洋ハーブ医薬品)とは、ヨーロッパで古来より利用されている「ハーブ」の薬効に注目した医薬品のこと。医薬品なので効果効能を表示することが出来る。日本では、2013年にエスエス製薬が始めて承認を受け販売を解した。しかし、欧州ではもともとハーブの薬効を活用した医薬品は大きな市場となっており医薬品としてだけでも6000億円を越える市場となっている。