GI値

GI値とは、ブドウ糖を100とした数値で、食品を吸収したときの血糖値がどれだけ即座に上がるか、というものを表す数字。GI値が低い食品はダイエットに効果があるとされているばかりか、糖尿病などの病気の予防にも役立ちます。GI値が60以下の食品を摂取すると効果的とされる。

SOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)

SOD酵素とは細胞内に発生する活性酸素を分解する酵素。寿命に深く関係すると言われている。活性酸素は体の老化などをもたらすが、こうしたSOD酵素の働きによって老化を防止していると言われる。しかしながら、このSOD酵素の活動は加齢により減少すると言われている。

くびれ

「くびれ」とは、人の身体でお腹周りのボディラインの締まった部分のこと。前から見た際の「前くびれ」と横から見たときの「横くびれ」がある。一般には、くびれが大きいほど曲線があり美しい(曲線美)とされる。「くびれ」に関する美意識はヨーロッパで顕著であり「コルセット」などはくびれをより美しく見せるための補助器具であった。

ほうれい線

ほうれい線とは、鼻の両脇から唇の両端に伸びるシワの呼び方。一般的に加齢によって目立ち始めることが多く、ほうれい線が深い人ほど老けて見える傾向があるため、美容においてマッサージなどによってほうれい線対策は極めて重要である。

アスタキサンチン

アスタキサンチンとは、カロチノイドの一種で、高い抗酸化力を持つとされる。サケ、タイ、イクラなどに含まれている赤色の色素成分。老化の原因となる「活性酸素」に抵抗する作用が強く、血行促進効果、眼精疲労の改善、動脈硬化の予防などの効果が期待されている健康食品や化粧品などにも最近は「アスタキサンチン」とかかれるものが多くなってきた。

アルブチン

アルブチンは梨などに含まれている美白成分。メラニン色素の合成にかかわる「チロシナーゼ」に作用することでメラニン色素の生成を抑制する働きがある。そのため、美白に効果的な成分として多くの化粧品などの配合されている。化粧品としての利用はもちろん、食品として摂取しても効果的。

インナーマッスル

インナーマッスル(Inner Muscle)とは、内部の筋肉という意味になります。そもそも明確な定義があるわけではなく、内側にある筋肉や外から目に見えない部分の筋肉のことを呼ぶ名称。対義語はアウターマッスル。書籍などによってはインナーマッスルのことを深層筋などと呼ぶこともある。

エストロゲン

エストロゲン(えすとろげん)とは、女性ホルモンの一種。卵胞ホルモンとも呼ばれ、女性をより女性らしくするホルモンと言われている。月経周期や妊娠、出産などにも影響する。エストロゲンは若い時は多く分泌されるものの、加齢によって減少するとされている。

エンダモロジー

エンダモロジーとは、セルライトという皮下組織の血行不良が原因で起こる凸凹を改善する医療器具のこと。現在では美容外科やエステなどでも導入されていることがある。局所脂肪やセルライトの改善に有効であるとされている。

カーボメッド

カーボメッドとは、医療痩身(ダイエット)として利用される「炭酸ガス療法」と呼ばれるもの。本来は動脈硬化やリウマチなどの治療として用いられたものをダイエット用に改良したもの。炭酸ガスを患部に注入する事で細胞の活動を活発化し、新陳代謝を高めるというもの。

グルテンペプチド

グルテンペプチドとは、小麦のグルテンが分解してできる成分で、鎮痛効果など有効な効果がある。

ストレッチ

ストレッチとは、スポーツおよび医学分野において、からだの筋肉をよりよい状態にするために筋肉をひっぱったりして伸ばすことや柔軟性を高めるための運動を指す。

スポーツクラブ

スポーツクラブとは、スポーツジム・フィットネスクラブとも呼ばれる施設。トレーニン...

セラミド

セラミドとは、肌(表皮)の角質層を形成する細胞膜に存在する脂質の一種で肌の保湿や柔軟さを保つ働きがあるとされており、多くの化粧品などに含まれている。肌の保湿が高まることでコラーゲンとエラスチンを安定させることができるとされている。

ダンベル体操

ダンベル体操とは、比較的軽めのダンベルを使って行う体操のこと。有酸素運動でありながら筋力トレーニングも行うことができる。肥満や生活習慣病、冷え性などの様々な健康問題に対して有効なエクササイズの一つであるとされている。

デトックス

デトックスとは、体内にたまった毒素を対外に排出しようという健康法。語源は解毒(detoxification)を略したものとされる。生活をしていく上で体内に蓄積される有害な化学物質や重金属、または有害とされる活性酸素などを対外に排出するというもの。ちなみに、多くの有害物質は脂肪に蓄積されることが多いため、ダイエットと関連付けられて話される場合もある。

トレーニングベンチ

トレーニングベンチとは、腹筋運動や背筋運動、ウエイトトレーニングなどの筋力トレーニングをサポートするための補助器具のこと。ベンチプレス用の器具やシットアップベンチなどが代表的。

トロフィックス

トロフィックスとは、ダイエット器具の一種。特殊なレーザーをあてながら、同時に吸引と冷却を行う。セルライトの解消・改善に効果があるとして近年注目を集めている。3つの刺激により細胞を活性化し代謝を促進する。

バランスボール

バランスボールとは、エクササイズボールなどとも呼ばれるボール。強度のあるゴム風船...

ピラティス

ピラティスとは、インナーマッスル(深層部分の筋肉)をつかったエクササイズの一つ。もともとは軍におけるリハビリの一環として考案されたもの。胸式呼吸・運動・ポジションの安定・使う筋肉をイメージするなどの特徴があり、呼吸法はヨガとは随分異なる。

フィトケミカル

フィトケミカルとは、植物に存在する成分で植物栄養素とも呼ばれる。イソフラボンやリコピン、カテキン、セサミンといったようにすでに広く知られている成分も多い。ビタミンやミネラルのように生命維持に必要とはされないものの健康に良い効果を与える植物由来の化合物をフィトケミカルという。ファイトケミカルと呼ばれる場合もある。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は、たまねぎ、ごぼう、にんにく、バナナなどの食品に多く含まれる、オリゴ糖の一種。

プロスタグランジン

プロスタグランジンとは、生理の直前から前半にかけて増加する物質。子宮収縮を促進し生理の経血を体外に排出する役割を担っている。このプロスタグランジンが多くなることで子宮の収縮が強くなり、いわゆる生理痛の症状であるきりきりとした痛みが発生することになる。同時に血管の収縮が起こり腰痛や倦怠感、冷え症などの症状も出てくる。

ホホバオイル

ホホバオイルとは、ホホバという植物から抽出されるオイル。極めて安全性が高く、人工心臓の潤滑油として使われるほどの安全性の高さが認められている。近年では、スキンケア用のオイルとしてもホホバオイルは活用されている。

マイクロカレント

マイクロカレントとは、エステやダイエットなどを目的として行われる美容行為。もともと人間に流れている微弱電流に近い電流を機器などを用いて流す方法、またはその電流自体のことを指す。電流を流すことにより細胞レベルで組織を活性化することができるといわれている。

マスキング(体臭予防)

マスキングとは、体臭予防・デオドラント関連では、根本的なニオイを抑えるのではなく、別の香りをもって体臭を隠す対策方法の事を指す。例えば、香水や香り付きのデオドラントスプレーなどによる対策方法の事を指す。

メソセラピー

メソセラピー、とは、脂肪分解注射のこと。部分やせの手法として人気が広がっている治療法です。脂肪を分解・吸収しやすくする薬を気になる部分に局所注射することで脂肪除去を行おうというもの。脂肪吸引とは異なり即効性はなく、定期的に治療を受ける必要がある。カクテルセラピーとも。

メソセラピー

メソセラピーとは、皮膚の細胞を刺激し、様々な状況や部位に合わせて調合した薬剤を注射することにより様々な効果が得られるというもの。最近では、円形脱毛症、ダイエット(セルライトの除去)、アンチエイジングなどを目的として行われることが多い。

ヨガ

ヨガ、ヨーガとは、古代インドで誕生したとされる修行法。姿勢や呼吸法による健康増進、瞑想によるメンタル面、ダイエット効果などを目的として様々なポーズ(参考:ヨガポーズの一覧)がある。「ポーズ」「呼吸法」「瞑想」などの要素を調和させることが目的のエクササイズ。

ヨガマット

ヨガマットとは、ヨガトレーニングなどをする際に下に敷くマットのこと。滑り止め、衝撃緩和などを目的としている。また、集合住宅(マンションなど)の場合は、階下に衝撃音を伝えないようにする目的としても利用される。近年では、様々な素材やデザインのものがスポーツショップなどでも多数販売されている。

リストバンドウェイト

リストバンドウェイトとは、リストバンドのように手首にまいて利用するトレーニンググッズ。バンドには錘(おもり)が内蔵されており、装着して普段の生活をする事で負荷がかかり筋力トレーニングになるという商品。錘の数や重さを調整する事で、負荷のレベルを調整することもできる。

リバウンド

リバウンド(りばうんど)とは、ダイエットを停止または終了した後に体重がダイエット前またはそれ以上に増えてしまう減少のことを指す。ダイエット経験者のうち60%以上の人はリバウンドを引き起こしたことがあるといわれている。

リフトアップ

リフトアップとは、美容用語として使われる場合は顔などのたるみ治療のことを指す。大きく外科手術によらず、頬のたるみを引き上げる化粧品や美容器具などでたるみを解消するものと、逆に外科的な手法によりフェイスラインを整えることもリフトアップと呼ぶ。

万歩計

万歩計とは、あるいた歩数を記録する器具のこと。ウォーキングなどのエクササイズにも活用される。ただし、万歩計という表記は実は商標で、一般的には歩数計と呼ばれる。従来は単に歩数を記録するだけだったが、近年の万歩計(歩数計)は加速度センサーで速度を測ったり、パソコンにデータを取り込めたりするなどの付加機能が充実している。

園芸療法

園芸療法とは心や体のリハビリテーションとして園芸活動を利用するものです。植物を育てること、植物と関わらることで人は精神的安らぎを得ると言われいる。そうした効果を利用して園芸を通じて精神的・身体的なリハビリを行うことが園芸療法とされる。

春季療法

春季療法(しゅんきりょうほう)とは、ヨーロッパでハーブなどを使って行う健康法の一つで春先(1~2月ごろ)からハーブティーなどを飲用することでアレルギーの予防や冬の間に貯まった毒素などを体外に排出(デトックス)しようというもの。

活性酸素

活性酸素(かっせいさんそ)とは、体内に呼吸などを通じて取り込まれた酸素が消費される際に発生する。体内に侵入咲いた細菌やウイルスなどの撃退にも利用されるが、私たちの体を構成する細胞を傷つける働きもある。

活性酸素

活性酸素(かっせいさんそ)とは、非常に不安定かつ強い酸化力を示している酸素のこと。活性酸素と聞くと体にとっての悪者という印象があるが、身体にとって無くてはならないもの。ただし、体内に活性酸素が残ってしまうと細胞に損傷などを与えるというマイナスの面も持っている。

皮下脂肪

皮下脂肪(ひかしぼう)とは、皮膚の下にある脂肪のことで、対義語は「内臓脂肪」。一般に多くの場合は腕、足、お尻などに付きやすい脂肪としてしられている。エネルギー貯蔵や保温などの役割を果たす。特に、妊婦の場合は胎児の保護などの観点から増加しやすい。

筋肉痛

筋肉痛とは筋肉に生じる痛みのこと。広義には肉離れなども筋肉痛にあたるが、一般には運動後の数時間から数日後に発生する「遅発性筋肉痛」のこと。ただし、現時点で筋肉痛の痛みのメカニズムは完全に解明されてはいない。通常は筋肉繊維とその周りの結合組織の回復が終る事で解消される。

糖化

糖化(糖化反応)とは、投資つが酵素の働きなしにたんぱく質や脂質と結合する反応のことを指す。糖化によってAGEという物質が生み出され、それが肌の老化、しみ、シワ、たるみなどを促進するといわれている。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤(しがいせんきゅうしゅうざい)とは、日焼け止めクリームなどに含まれている成分の一つ。紫外線を吸収し熱エネルギーなどに変換してしまうことで紫外線が肌に作用するのを防ぐ目的の成分。SPF値が高い日焼け止めクリームに利用されることが多い。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤(しがいせんさんらんざい)とは、日焼け止めクリームなどに利用される成分の一つ。紫外線が肌に当たらないように反射させて散乱させる作用がある成分。紫外線吸収剤のように化学的に紫外線を防ぐというよりも散乱剤(パウダー)が物理的なしくみで紫外線を散乱・反射させることで、肌に紫外線が吸収されるのを防いでいる。

肌年齢

肌年齢(はだねんれい)とは、肌のハリやしわなどの程度を示すもので、スキンケアなどにおける目安となるものである。肌年齢が実年齢より若いほど、より肌にハリがあるということになる。

自臭症

自臭症(じしゅうしょう)とは、自分には体臭があるのではないかと思いこむ、または他人から臭いと思われているのではないかと思いこんでしまう精神疾患の一つ。実際に臭いは無くても、臭いがあると思いこみ、実際に本人は臭いを感じてしまう場合もある。

血中脂肪

血中脂肪(けっちゅうしぼう)とは、名前の通り血液中にある脂肪分のこと。大きくは「中性脂肪(トリグリセド)」「HDLコレステロール」「LDLコレステロール」に分類される。中でも健康に良くないとされるのは、中性脂肪ならびに、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とされる。

褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)とは脂肪細胞の一種で体内に蓄積されたエネルギーを燃焼させて放出する作用がある脂肪細胞。褐色脂肪細胞は加齢により減少する傾向があるが、この働きが活発となることで基礎代謝がアップしダイエット効果が期待できるとされている。

西洋ハーブ薬

西洋ハーブ薬(西洋ハーブ医薬品)とは、ヨーロッパで古来より利用されている「ハーブ」の薬効に注目した医薬品のこと。医薬品なので効果効能を表示することが出来る。日本では、2013年にエスエス製薬が始めて承認を受け販売を解した。しかし、欧州ではもともとハーブの薬効を活用した医薬品は大きな市場となっており医薬品としてだけでも6000億円を越える市場となっている。

遮光瓶

遮光瓶(しゃこうびん)とは光を通さない性質の瓶のこと。光に対して不安定な性質を示すものを保存するために用いられます。アロマテラピーなどで使用するオイルやハーブなどを使った「チンキ」を保存する際などに利用される。

隠れ肥満

隠れ肥満(かくれひまん)とは、一見太っていないように見えても実は太っている体質の人を指す。多くの場合は、体重などは平均的(BMIも正常)であっても、体脂肪率を測定してみると肥満と診断されるような人を指す。

頭髪臭

頭髪臭(とうはつしゅう)とは、頭髪(髪の毛)の臭いのこと。頭皮臭とは異なり、頭皮ではなく、頭髪(髪の毛)がにおうというもの。髪の毛は大変臭いを吸着しやすい性質があるため、タバコの臭いなど様々な臭いがする場所に長時間いることで、その臭いが髪に付着し、その臭いが放出される事で体臭を放つというもの。

食べる順番ダイエット

食べる順番ダイエットとは、ダイエット方法の一つ。いつもの食事の順番を変えるだけで行える手軽なダイエット方法。水分の多いものから食べ始めて、食物繊維の多いものを食べ、タンパク質、炭水化物という順番にすることによって血糖値の上昇を抑えることができる。