紫外線散乱剤をはてなブックマークに追加

紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤(しがいせんさんらんざい)とは、日焼け止めクリームなどに利用される成分の一つ。紫外線が肌に当たらないように反射させて散乱させる作用がある成分。紫外線吸収剤のように化学的に紫外線を防ぐというよりも散乱剤(パウダー)が物理的なしくみで紫外線を散乱・反射させることで、肌に紫外線が吸収されるのを防いでいる。

化学的作用が無い分、紫外線吸収剤を使った日焼け止めクリームよりも肌へのダメージが小さいとされる一方で、日焼け止め効果自体はどうしても弱い。
また、パウダーによって肌が白くなるというのもデメリット。

基本的に日焼け止めクリームは「効果を強くするほど肌へのダメージが大きくなる」という傾向があるため、日常では効果が弱めの物を、日に当たるシーンでは効果が強めのものといった具合に使い分けをするのが正しいと言える。

紫外線散乱剤に関連するおすすめサイト・関連情報

紫外線対策と日焼け止めクリームの選び方

紫外線散乱剤に関するQ&A

紫外線散乱剤に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限り紫外線散乱剤に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

シンプルスキンケアと念入りスキンケア。最近、無添加&シンプルなスキンケアを始めました。 …
合成された紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めで、低価格の物を探しています。何かいいものはありますか?ちなみに私は敏感肌です。以前アネッサの …
この時期日焼け止めが合わないと困りますね…。 …
日焼け止めについて教えてください! …
UVの入っていない化粧下地が欲しいのです。 …