プロスタグランジンをはてなブックマークに追加

プロスタグランジンとは

プロスタグランジンとは、生理の直前から前半にかけて増加する物質。子宮収縮を促進し生理の経血を体外に排出する役割を担っている。このプロスタグランジンが多くなることで子宮の収縮が強くなり、いわゆる生理痛(月経困難症)の症状であるきりきりとした痛みが発生することになる。同時に血管の収縮が起こり腰痛や倦怠感、冷え症などの症状も出てくる。

出産時の陣痛の痛みの原因もこのプロスタグランジンである。
ちなみに、このプロスタグランジンは痛みに対する反応を高める物質であるため、この分泌が増えることで様々な痛みを感じやすくなると言われている。

このプロスタグランジンの分泌を抑えることで生理痛を改善することもできる。DHAやEPAといった肴に含まれる成分のほか、マグネシウムやビタミンB6なども効果的とされる。

プロスタグランジンに関連するおすすめサイト・関連情報

生理痛を改善するハーブティー

プロスタグランジンに関するQ&A

プロスタグランジンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りプロスタグランジンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

薬や点滴の効き方についてご回答お願いいたします。 …
プロスタグランジンを短期大量静注した場合ってどんな変化が起こるの? …
ピルの副作用の悪心、嘔吐は何故起きるのか教えて下さい。 …
DHAってアトピーに良いんですか? …
アスピリン大量服用で出血傾向ある? …