春季療法をはてなブックマークに追加

春季療法とは

春季療法(しゅんきりょうほう)とは、ヨーロッパでハーブなどを使って行う健康法の一つで春先(1~2月ごろ)からハーブティーなどを飲用することでアレルギーの予防や冬の間に貯まった毒素などを体外に排出(デトックス)しようというもの。

日本でも春先にはスギ花粉、ヒノキ花粉による花粉症の患者数が年々増加しており、その対策としても注目されている。春季療法によって利用されるハーブとして「ネトル(造血・アレルギー対策)」「エルダーフラワー(アレルギー対策・風邪予防)」「タンポポ(利尿・デトックス)」などが代表的。

ネトルやエルダーフラワーなどは花粉症対策として日本でも認知が広まっている。タンポポはあのタンポポ(西洋タンポポ)の根を焙煎したもので、デトックス作用が知られる。ダンデライオンとも。
ノンカフェインでコーヒーのような風味があるため、妊婦のコーヒー代替飲料としても人気が高まっている。

春季療法に関連するおすすめサイト・関連情報

ネトル
エルダーフラワー
タンポポ

春季療法に関するQ&A

春季療法に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限り春季療法に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

見つかりませんでした