« 2013年11月 | メイン | 2014年4月 »

2014年1月 アーカイブ

2014年1月23日

春季療法

春季療法(しゅんきりょうほう)とは、ヨーロッパでハーブなどを使って行う健康法の一つで春先(1~2月ごろ)からハーブティーなどを飲用することでアレルギーの予防や冬の間に貯まった毒素などを体外に排出(デトックス)しようというもの。

日本でも春先にはスギ花粉、ヒノキ花粉による花粉症の患者数が年々増加しており、その対策としても注目されている。春季療法によって利用されるハーブとして「ネトル(造血・アレルギー対策)」「エルダーフラワー(アレルギー対策・風邪予防)」「タンポポ(利尿・デトックス)」などが代表的。

ネトルやエルダーフラワーなどは花粉症対策として日本でも認知が広まっている。タンポポはあのタンポポ(西洋タンポポ)の根を焙煎したもので、デトックス作用が知られる。ダンデライオンとも。
ノンカフェインでコーヒーのような風味があるため、妊婦のコーヒー代替飲料としても人気が高まっている。

About 2014年1月

2014年1月にブログ「美容用語集」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。