褐色脂肪細胞をはてなブックマークに追加

褐色脂肪細胞とは

褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)とは脂肪細胞の一種で体内に蓄積されたエネルギーを燃焼させて放出する作用がある脂肪細胞。褐色脂肪細胞は加齢により減少する傾向があるが、この働きが活発となることで基礎代謝がアップしダイエット効果が期待できるとされている。

褐色脂肪は、体が寒さを検知したときに活動を開始します。つまり、体が寒さを検知する部位を意図的に冷やすことにより、脂肪細胞の燃焼を活発化させることが可能になります。

ちなみに、体が寒さを検知する部位を「冷点」と呼びます。ここを冷やすことで褐色細胞が刺激されます。冷点が多い部位としては、掌(てのひら)です。ここは冷点が多くさらに脳とも密接につながっている部分ですので、効果的に褐色細胞に活動を促します。

効果的な褐色細胞を利用したストレッチとしては、掌を水などで冷やし、褐色細胞に活動スイッチを入れさせます。そしてしばらくしたら、掌をお湯などで温めて、また冷やします。これを繰り返すことで褐色細胞が活性化し基礎代謝量がアップします。

褐色脂肪細胞に関連するおすすめサイト・関連情報

基礎代謝をアップさせる3つの方法

褐色脂肪細胞に関するQ&A

褐色脂肪細胞に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限り褐色脂肪細胞に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

今ダイエットをしています。 …
冬は寒いので人間は脂肪を貯めようとして太りやすくなるんですよね? …
褐色脂肪細胞を冷やす(刺激)すると, …
冷水シャワーを浴びて・・・ …
褐色脂肪細胞を鍛えるには、どんな運動をすればよいのでしょうか? …


キャッシュ使用
様々な美容に関する用語をキーワードで検索する事ができます。なお、キャッシュを有効にしておくと、二度目以後の検索が高速になります。

 

美容用語インデックス
美容用語ランダム