コレステロールをはてなブックマークに追加

コレステロールとは

コレステロールとは、脂質の一種で私たちの体の中で合成される。脳、神経、肝臓などの体の広域の分布しており、細胞膜の形成やホルモンなどの原料になる。ただし、コレステロールが過剰となると、肥満、生活習慣病などの原因となる。

コレステロールと聞くと「肥満」「生活習慣病」というマイナス面が気になりますが、私たちの生活において、必要不可欠な脂質の一つである。
コレステロールは肝臓と小腸で合成され血液により必要な場所にまで運ばれる。コレステロールは水に溶けない性質があるため、「リン脂質」と「たんぱく質」に包まれた水溶性の「リポたんぱく質(VDL)」に変わる。このとき、VLDはLDLコレステロールというものに変化する。

そして、余ったコレステロールを回収して肝臓に戻す効果を持っているのが、HDLコレステロールである。

LDLコレステロールが細胞に入りきらないと、あまったコレステロールが血管の壁に入り込み酸化してしまい、これが動脈硬化、心筋梗塞の原因となる。

このことが、LDLコレステロールを「悪玉コレステロール」、HDLコレステロールを「善玉コレステロール」と呼ぶ所以である。

コレステロールを多く含む食品の代表が「卵」である。また、野菜や豆類と一緒に摂取するようにすると効果的。
ちなみに、コレステロールの正常値は「120-220mg/dl」、HDLコレステロールが「40-110mg/dl」となっていればコレステロールの状態は正常値である。

コレステロールに関するQ&A

コレステロールに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りコレステロールに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

血糖値やコレステロール値の適正値は誰が決めているの?医療業界のさじ加減なのでしょうか? …
低カロリーの夜食 …
インフルエンザの流行と日照時間との関係(人の免疫力の低下=ビタミンDの不足が一因)を否定する人がいて驚いているのですが、根拠は何でしょうか? …
∥至急∥健康診断の結果の見方について質問です。 …
どうしたら痩せる気になりますか・・・・?? …