アラキドン酸をはてなブックマークに追加

アラキドン酸とは

アラキドン酸は、リノール酸から合成される必須脂肪酸の一つで、体内で合成され、免疫系機能の調整をする生体ホルモンに変換される。

アラキドン酸は、免疫機能の調整や血圧の調整をしたりと体に対して有効な作用を行い、また、胎児や乳児の健康な発育において、不可欠な栄養素である。
その他、コレステロール値の低下やアレルギー改善などの効果も期待される。

ただし、アラキドン酸は過剰に摂取すると上記の効果がまったく逆に作用する特異な性質ももっており、欧米型の食生活を送っている方は、逆にこっちのリスクが高くなる。


アラキドン酸が不足することはあまりないが、レバーや卵白、サザエや、あわびなどに多く含まれているので、あまりリノール酸を摂取しない人は、このアラキドン酸を時々摂取するようにすればよい。

アラキドン酸に関するQ&A

アラキドン酸に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りアラキドン酸に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

このサイト見るとアラキドン酸はとてもいいと思えるのですが、 …
うおーー!これってデタラメの記事って本当? …
アラキドン酸についての質問です。 …
リノール酸低減による花粉症対策は、害はありますか? …
アラキドン酸を毎日なるべく多く摂取できる食事ってないですか? …