カフェインをはてなブックマークに追加

カフェインとは

カフェインは、含窒素化合物一種。中枢神経を刺激し活発な活動を促進する効果があり、コーヒーや紅茶、緑茶、コーラなどに含まれいる物質の一つ。
カフェインは、中枢神経を刺激する効果があり、この効果により、心臓の働きを強め、目を覚まし、遺産の分泌量や尿の量を増やす。また、大脳への血流がよくなるので、知的作業の効率化などの効果も得られる。

カフェインは、摂取してから脳に届くまで約20分間かかるため、20分ほどの仮眠を取りたいときコーヒーや紅茶などのカフェインを多く含む飲料を摂取してから仮眠をとると、すっきり目覚めることができる。

また、脂肪燃焼をサポートする効果もあるため、有酸素運動(ジョギングや水泳など)を始める前に1杯のコーヒーを飲むことでダイエット効果を高める効果も期待できる。

その一方で、デメリットも指摘されている。
依存性が指摘されているという点のほか、多量の摂取は胃に対して負担をかけることになる。
何杯もコーヒーを飲むという場合は注意が必要。

一般的なカフェインの摂取量の目安としては1日300mg程度まで。コーヒー1杯に含まれるカフェインはおおよそ100mgほどとなっている。緑茶などにも含まれており、緑茶には1杯あたり30mg程度のカフェインが含まれるとされている。
そのため、コーヒーなら1日3杯くらいまでが摂取の目安といえる。

なお、カフェインは妊婦が過剰に摂取すると胎児への悪影響や流産のリスクが高まるといった問題点も指摘されている。
そのため、妊婦のカフェイン摂取量は1日100mg以下にすべきとされている。これを超えると流産等のリスクが拡大すると言われている。そのため、妊娠中はできるだけカフェインの少ないお茶や飲料を飲むことが推奨される。

コーヒーが好きな方ならコーヒーに近い風味が楽しめノンカフェインのタンポポコーヒーなどが人気。

カフェインに関連するおすすめサイト・関連情報

タンポポ
蒲公英の根を焙煎したもの。コーヒーのような風味。母乳の出を良くする効果もあるため、妊婦~授乳期の女性にもお勧め。

ルイボス
妊婦に不足しがちな鉄分などのミネラルが豊富。ノンカフェイン。

カフェインに関するQ&A

カフェインに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りカフェインに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

妊娠中に止めたほうが良い …
ダイエットにおいて邪道とは分かっていますが教えてください。 …
昔から眠気覚ましにはカフェインの入った飲み物(コーヒーとか紅茶など)が効くといいますが、カフェイン飲料以外で眠気覚ましにこれが良く効くという …
カフェインをたくさん含んでる飲み物って何ですか?受験生なので眠気防止に飲みたいんですけど…普通にスーパーで買えるようなものを教えてください …
眠気覚ましの方法を教えてください! …