アリシンをはてなブックマークに追加

アリシンとは

アリシンは、別名で硫化アリルとも呼ばれ、抗菌、抗カビ作用を持ち、生活習慣病を予防する。にんにく特有の刺激臭の元となっている、成分である。

アリシンは抗菌・抗カビ作用を持っており、さらに菌やカビを殺す力を持っている。また、疲労回復に必要なビタミンB1に吸収を助け、代謝機能も助けるため風邪の予防や改善にも効果を発揮する。

特ににんにくの場合、ビタミンB1とアリシンを含んでいるため疲労回復に最適である。

このほかアリシンの効果効能として、血中脂肪の燃焼を促進、コレステロールの低下、血栓の予防、インスリンの分泌促進、生活習慣病の予防にも役に立つ。

アリシンを多く含む食品としては、にんにく、ニラ、ねぎ、たまねぎなどがある。


アリシンに関するQ&A

アリシンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りアリシンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

疲労回復に効く物質とは? …
にんにくのアホエンとアリシンについて …