大豆サポニンをはてなブックマークに追加

大豆サポニンとは

大豆サポニンとは、苦味やえぐみ、渋みの成分で、大豆に含まれる配糖体の一種。強い抗酸化作用を期待できる。

大豆サポニンは、強い抗酸化作用があり、過酸化資質の生成を抑制する効果があり、動脈硬化や高脂血症などの予防にもなる。

最近では、細胞の突然変異を抑制するという効果も解明されており、がん予防や、エイズ予防に対する研究も進められている。

また、大豆サポニンは、体内で資質の酸化を防ぎ、その代謝を促す働きがある。

大豆サポニンを多く含む食品としては、納豆や豆腐、きな粉などがあり、平均的に三食に一度豆料理を摂取することで、大豆サポニンを手軽に摂取することができる。

大豆サポニンに関するQ&A

大豆サポニンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限り大豆サポニンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

乳がんにかかり抗がん剤治療も終え今から放射線。いずれ ホルモン治療(薬)をする予定ですが、今薬のせいで味覚障害のようになり、食生活がみだれた …
美肌サプリについて。27歳女です。肌の悩みがたくさんあり透明感のなさ、体はとても白いのに、顔だけ黄色くくすんでいて色むらのあるところは一段と …
大豆サポニンについて質問です。豆乳や豆腐を作る時の泡立ち成分である大豆サポニンが含まれる泡自体は、食しても大丈夫ですか? …
大豆サポニンをサプリメントでとらなくても、醤油、味噌、納豆、豆腐、、、と沢山の大豆食品が日本にはあるじゃないですか?それともサポニンはあまり …
抜け毛対策に効果的な高麗人参のサポニン配糖体という成分は、きな粉に含まれいる大豆サポニンと同じ効果がありますか? …