EPAをはてなブックマークに追加

EPAとは

EPAは、不飽和脂肪酸の一種。鯖やいわしといった青魚に多く含まれ、別名IPA(イコサペンタン酸)といわれる。

EPAは血液の凝固を抑える効果があり、また、血液中の中性脂肪を減らす働きを見せるため、血液をサラサラにする効果がある。

他にも血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用もあるため、動脈硬化、脳卒中、高血圧、などの生活習慣病の予防や改善にも効果が期待できる。

さらに、EPAにはDHAと同様のがんの発生を少なくしたり抑制したりする効果があることも報告されている。ただし、EPAとDHAはそれぞれお互いに補完関係にあり、生活習慣病などを予防するので両方をバランスよく摂取できるとよい。

EPAはアンキモ、いわし、うなぎ、はまち、鯖、いわしなどの魚類に多く含まれており、効果的にEPAを摂取するのであれば、主に魚の脂肪分に含まれているので、焼き魚よりも煮魚や生食が効果的である。

EPAに関するQ&A

EPAに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りEPAに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

ダイエットについてです。太った原因は夕食の遅い時間と食べる量だと思います。夕食を改善する事で減量出来ないか検討した中で、夕食をシリアルしては …
動脈硬化予防によいサプリメントを教えてください。 血液をサラサラにして、血液の流れを良くするサプリメントを探しています。 健康診断で、動脈硬 …
体質改善と、血液をサラサラにするために、サプリメントを考えています。 …
サプリメントの飲み合わせについて。 1日分で カルシウム 950mg 食物繊維 200mg ビタミンD 16μg ビタミンC 1000~2 …
41歳メタボ男のダイエット方法何かありませんか? …