アクネ菌をはてなブックマークに追加

アクネ菌とは

アクネ菌(あくねきん)とは、皮膚に多く存在する菌の一種。皮脂を栄養として増殖し、ニキビや吹き出物の原因となる。

アクネ菌は特に皮脂を好み、毛穴の中で皮脂を分解して脂肪酸を作る働きがある。そのため、アクネ菌により発生した脂肪酸は紫外線や酸素などで酸化してします。これが黒ニキビである。

また、こうしてできた脂肪酸の塊を毛穴が除去できないでいると、これが化膿してしまう。これにより腫れてしますのが赤ニキビである。ニキビを予防するにあたってはこのアクネ菌を除去する必要があり、正しい洗顔方法による洗顔が重要である。
近年は特にアクネ菌に対して強い効果を発揮する洗顔クリームなどが美容各メーカーから販売されている。

アクネ菌に関するQ&A

アクネ菌に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りアクネ菌に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

中3くらいからニキビに悩んでいます。 …
10年間ニキビに悩んでます。 …
教えてください。 …
大人にきびで泣きそうです。 …
にきび・・・ …