リンをはてなブックマークに追加

リンとは

リンは、人体においてカルシウムに次いで多いミネラル分であり、骨や歯を作る主要な材料となるほか、筋肉、脳、神経といったあらゆる組織に存在して、細胞の成長など様々な場面で活躍している。

リンは骨の主成分となるほか、細胞膜や遺伝などを司る核酸を作り、エネルギーの運搬、貯蔵、神経機能を正常に保つといった重要な役割を果たす。

リンが不足するとからだの組織において、体中に欠乏症の影響が出たり、歯周病、骨軟化症、筋肉の衰え、疲れやすくなるなどの症状がでる場合もあるが、リンが不足することはまず起こりにくい。

リンの摂取が過剰になると、軟組織にカルシウムが沈着してしまうと言われている。また 副甲状腺機能亢進(こうしん)、骨代謝障害などの症状が現れる危険性もある。リンとカルシウムは密接な関係があり、それぞれの摂取バランスはカルシウム:リン=2:1~1:2までの範囲が理想的だが、一般に日本人はカルシウム不足であるため、リン過剰となりやすい傾向にある。

リンを多く含む食品は、肉類、魚介類、乳製品類であるが、リンの摂取を目的とするのであれば、カルシウムも同時に摂取できる牛乳やチーズといった乳製品がよい。

リンに関するQ&A

リンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りリンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

女性に質問。シャンプーやリンスーなどは何を使われていますか? …
女の人で足のサイズ24、5センチは大きいですよね? …
「○゛ファ○リンの半分は優しさで出来ています」と広告されていますが、残りの半分は何で出来ていると思いますか? …
鬱病・睡眠障害・パニック障害で苦しんでいます。 …
お婆、若くして病死。 …