ビタミンU(キャベジン)をはてなブックマークに追加

ビタミンU(キャベジン)とは

ビタミンU(キャベジン)は胃酸の分泌を抑える効果がある栄養素だが、まだまだ不明な点が多い。

ビタミンU(キャベジン)は、主に胃酸の分泌を抑え、胃の粘膜の新陳代謝を活性化する、胃腸の粘膜修復に役立つ新しいたんぱく質の合成を助けるなど、胃の働きを正常化する作用がある。
また、胃潰瘍・十二指腸潰瘍などを治癒能力を高めるという効果もある。

ビタミンU(キャベジン)はその名の通り、キャベツに多く含まれる成分で、肉から摂取される脂肪の酸化を防ぐ効果もある。

ビタミンU(キャベジン)に関するQ&A

ビタミンU(キャベジン)に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りビタミンU(キャベジン)に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

インフルエンザの流行と日照時間との関係(人の免疫力の低下=ビタミンDの不足が一因)を否定する人がいて驚いているのですが、根拠は何でしょうか? …
助けてください。ニキビなんてもう嫌です。 …
大人ニキビについて質問です。 …
高校生男です。顔の肌が粉を吹いて困っています。自分は今まで乾燥肌でもなかったのですが、ニキビが頬にできはじめてからUラインの肌が極端に乾燥し …
26歳、女です。 …