ビオチンをはてなブックマークに追加

ビオチンとは

ビオチン(びおちん)とは、ビタミンHとも呼ばれるビタミンB群の一種で水溶性ビタミン。糖質・脂質・タンパク質の代謝促進といった働きを示す栄養素の一つ。腸内でも生成可能なビタミンではあるが、通常は飲食により摂取する。

ビオチンの具体的な効果としては皮膚を健康に保つ働きや抜け毛や白髪を予防するなど、健康な髪を育てる効果などがあるとされている。
他のビタミンB群と同様に糖質・脂質・たんぱく質の代謝をサポートしてアミノ酸やブドウ糖の生成を助ける働きもある。

ビオチンの摂取量が不足すると疲労感や筋肉に痛みを生じるといった障害が起こる。また、これに伴い無気力、湿疹、食欲不振などの身体的な症状が現れることがある。

ビオチンはレバー類のほか、いわし、落花生、卵、ヨーグルト、くるみなどに多く含まれている。

ビオチンに関するQ&A

ビオチンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りビオチンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

アトピーに悩まされています。 …
薄毛で悩んでます。プロペシアの効果がありません。 …
大人のアトピーについて質問です。 …
アトピーが辛いです・・・ …
今アトピーをビオチンかビフィズス菌で改善しようと思っています。 …