毛表皮(キューティクル)をはてなブックマークに追加

毛表皮(キューティクル)とは

毛表皮(もうひょうひ)とはキューティクルとも呼ばれる毛髪を構成する要素の一つ。うろこ状の硬い無色透明の細胞から構成されており、毛髪を構成している毛表皮を保護する役割を持つ。

毛表皮(キューティクル)は油となじみやすく、外部からの刺激に対する抵抗力があり、この作用により毛髪の内部にある毛表皮を保護している。

そのため、毛表皮(キューティクル)に対して物理的な刺激を過度に与えてしまうと、毛表皮(キューティクル)が破損し結果、毛表皮に対する損傷を引き起こすことにつながる。つまり、毛表皮(キューティクル)がしっかりしている毛は健康な毛髪というように判断することができる。

毛表皮(キューティクル)は毛髪全体の成分における10~15%程度を占めており、この割合が多い髪ほどより硬い毛といわれる。

毛表皮(キューティクル)に関するQ&A

毛表皮(キューティクル)に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限り毛表皮(キューティクル)に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

ストレートアイロンの長持ちの方法について教えて下さい!!女 …
髪に痛みが本当にひどく困っています。 …
私は天然パーマで悩んでいます。 …
前髪を手で抜いてしまいます(+_+) …
うちの上司(部長・男性)は、安価なシャンプーは髪のキューティクルによくないといって、頭を月に2回しか洗わないんだそうですが、そんなによくない …


キャッシュ使用
様々な美容に関する用語をキーワードで検索する事ができます。なお、キャッシュを有効にしておくと、二度目以後の検索が高速になります。

 

美容用語インデックス
美容用語ランダム