ナイアシン(ビタミンB3)をはてなブックマークに追加

ナイアシン(ビタミンB3)とは

ナイアシン(ないあしん)とは、科学名ニコチン酸と呼ばれるビタミンB群のひとつ。水溶性ビタミン。糖質・脂質・タンパク質の代謝促進といった役割を担っている栄養素。

ナイアシンは糖質や脂質。たんぱく質の分解において欠かすことができないビタミンの一種であると共に、皮膚や神経を正常に保つといった働きを持っている。このほかナイアシンは血流を良くする働きがあることから頭痛や冷え性などを改善する作用があり、大量にナイアシンを投与することによりコレステロールや中性脂肪を下げるといった薬理効果があることが明らかになっている。

さらに、ナイアシンにはアルコールによる二日酔いの原因となっているアセトアルデヒドを分解する効果があり、二日酔いの軽減や予防にも効果があるとされている。アセトアルデヒドを分解する際に、ナイアシンは消失してしまうので、アルコールを良く飲む人はナイアシンの欠乏に注意したい。

なお、ナイアシンはたらこ、かつお、レバーなどに多く含まれている。

ナイアシン(ビタミンB3)に関するQ&A

ナイアシン(ビタミンB3)に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りナイアシン(ビタミンB3)に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

0キロカロリーのゼリー飲料は夜食にしても大丈夫でしょうか? …
中3女子です。胸が小さくて悩んでいます。 …
正しいダイエットについて。食育・栄養学の知識のある方にお伺いしたいです。 …
アボカド。 …
ナイアシン(ビタミンB3)が統合失調症の治療に有効と聞きました。本当でしょうか?詳しい方、ご返答よろしくお願いいたします。 …