ボツリヌストキシン注入法をはてなブックマークに追加

ボツリヌストキシン注入法とは

ボツリヌストキシン注入法(ぼつりぬすときしんちゅうにゅうほう)とは、クロストリジウム属の細。グラム陽性の大桿菌および偏性嫌気性菌であるボツリヌス菌を活用したわきがの治療法。毒素を持っており人体にとっては非常に有害な細菌であるが、毒素を加工することにより医薬品としても利用される。

ボツリヌストキシンを注入することにより汗の分泌を支配している神経をブロックし、汗の分泌量を抑制する効果があります。効果は約3~6ヶ月程度持続します。

ボツリヌストキシンには、汗の分泌を支配する神経をブロックするため、汗の分泌を抑制する働きがあるからです

ボツリヌストキシン注入法に関するQ&A

ボツリヌストキシン注入法に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りボツリヌストキシン注入法に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

品川美容外科の携帯サイトでエラにボトックスを注入するプチ整形を探したんですけど …