フコキサンチンをはてなブックマークに追加

フコキサンチンとは

フコキサンチンは、海藻類に含まれるカロテノイドの一種で海藻類が光合成をするときに光のアンテナ役をする色素で、がんに対する高い効果がある。

フコキサンチンの効果としては、腫瘍の増殖を抑え、がん細胞を自殺に追い込む効果がマウスを使った実験で報告されている。さらにフコキサンチンを投与することで白血病のがん細胞を自殺に追い込むアポーシスと呼ばれる現象が見られたことが発表されている。

フコキサンチンは、海藻にしか含まれない成分であるため、工夫して一日一度は摂取するように心がけるとよい。

フコキサンチンを多く含む食品は、ワカメ、ひじき、昆布などで、海藻といっても渇藻類の海藻にしか含まれていない。

フコキサンチンに関するQ&A

フコキサンチンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りフコキサンチンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

乳がんステージ4で肝臓とリンパに転移があり、根治は困難と言われ、今は薬物治療をしています。 …
フコキサンチンの飲用について、簡単にお教えいただければ幸甚です。 …
がんの代替医療で、2012年現在、フコキサンチンの使用実態について、アメリカなどのデータもあれば、お教えいただければ幸甚です …
腫瘍の治療の実態におくわしい方、また、医療関係者の方、 …
フコイダンよりフコキサンチンのサプリメントがいいということでしょうか …