カプサイシンをはてなブックマークに追加

カプサイシンとは

カプサイシンは、いわゆる唐辛子の辛味成分でカロテノイドの一種。体内脂肪を燃焼させ、エネルギー消費量をアップさせる効果がある。

カプサイシンは唐辛子に多く含まれており、カプサイシンが中枢神経を刺激してホルモン分泌を促すことにより、脂肪分解酵素が活性化され、結果的に肥満の予防に役立つ。キムチ鍋など食べていると良く汗がでるのは、このカプサイシンがエネルギーの代謝を高めているために起こる生理現象である。

また、カプサイシンには殺菌効果や免疫力を高める効果、抗酸化効果が認められており、風邪の予防や疲労の回復、胃の健康にも役立つ。

カプサイシンは基本的に唐辛子に含まれているが、一度に多量に摂取することは難しいため、薬味や香辛料として日常的に摂取することが必要である。

カプサイシンに関するQ&A

カプサイシンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りカプサイシンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

腹がでてしまった・・・腹をへっこます方法を教えてちゃんまげ、 …
育毛サプリと治療薬を併用していもいいのでしょうか? …
ハバネロチップスでのダイエット …
ハゲに効く食べ物ってありますか? …
基礎代謝の上げ方 …