イソフラボンをはてなブックマークに追加

イソフラボンとは

イソフラボンとは、大豆の胚芽に多く含まれている成分の一つで、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをし、更年期障害などに効果を発揮する。

大豆の胚芽に含まれている成分であるイソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをするため、「食物由来のエストロゲン」ともよばれる。ただし、イソフラボンは本物のエストロゲンと比較するとその効果は1000分の1といわれており、その効果は穏やかな作用であると言われている。

女性ホルモンであるエストロゲンは骨からカルシウムが溶け出すのを防止する働きがある。特に女性の場合閉経後はエストロゲンの量が著しく減少することから骨粗鬆症のリスクが高まる。
そのため、エストロゲンと似た効果の高いイソフラボンを摂取する事でそれを回避できる。また、イライラ、のぼせ、肩こり、冷えといった更年期に見られる障害(更年期障害)の改善を図る事ができる。

イソフラボンに関するQ&A

イソフラボンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りイソフラボンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

助けて下さい!基礎化粧品についてです(>_<) …
教えてください(T_T) …
「500枚出します」彼女のコンプレックスについてなんですが …
肌について… …
化粧水が浸透していないということ? …