カテキンをはてなブックマークに追加

カテキンとは

カテキンはポリフェノールの一種で緑茶に多く含まれる成分。いわゆるお茶の渋み成分がカテキンにあたる。別名タンニン。

カテキンは脂質の酸化を抑える効果があり、この効果からの食品の品質保持剤としても利用されている。このカテキンの強い抗酸化作用が体内において、細胞膜の酸化を抑制し、ガンなどの予防に役立つとされている。

このほかにも、カテキンには胆汁酸の排泄を促進させる効果があり、コレステロールや中性脂肪の上昇を抑えたり、消化酵素であるアミラーゼの働きを抑制し血糖値の上昇を防いだり、血圧を降下させるなどの効果が認められており、生活習慣病の予防にも効果がある。
さらに、殺菌作用も強いため、食中毒やウイルスの感染の予防、虫歯や口臭にも効果がある。

カテキンを多く含む食品は、玉露、紅茶、煎茶、かまいり茶、ウーロン茶である。

カテキンに関するQ&A

カテキンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りカテキンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

なんですか~?”””””””””””””””””””””””””” …
2ヶ月ので7㎏のダイエットに成功しました。 …
本当にヘルシア緑茶に含まれている高濃度茶カテキンは体脂肪にガツンと効くんですか? …
風邪をひかない&早く治す方法 …
薬でお腹がいっぱいです …