アントシアニンをはてなブックマークに追加

アントシアニンとは

アントシアニンは水溶性の色素で、ポリフェノールの一種である。目の網膜にあるロドプシンという視物質を合成するために必要な栄養素で、目の健康に重要な効果をもたらす。

アントシアニンは、ブルーベリーや赤ジソなどに含まれて、前述の通り、視物質の合成促進を行うことから、眼精疲労や視力の回復、糖尿病による目の疾患などに対して効果がある。

また、肝臓に対しても効果があり、初期の肝臓機能障害を持つ人にアントシアニンを摂取させることにより良い結果が出たという報告もある。また、血液の凝固や血栓の生成を抑制する効果もあるとされて、脳血管障害も予防すると言われている。

アントシアニンは、ぶどうやブルーベリー、赤ジソ、赤紫芋などに含まれる青紫成分で、ポリフェノールで有名の赤ワインもアントシアニンを多く含んでいる。

アントシアニンに関するQ&A

アントシアニンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りアントシアニンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

【知恵コイン500枚差し上げます!!】 …
視力回復に有効な方法ってありますか? …
主人が脂肪肝と診断され、肝臓に良い食品をと思いましたが、調べてみたところ、肝臓には「ゴマリグナン」「アントシアニン」「良質蛋白質」「タウリン …
ブルーベリー・ルテイン・アントシアニン って何が違うのですか? また、これらと ビタミンE DHAとなんだっかと が、目系統にいいようですが …
目を青みがかったきれいな白目にするにはどうすたらいいですか。 …