コンドロイチン硫酸をはてなブックマークに追加

コンドロイチン硫酸とは

コンドロイチン硫酸とは、食物繊維の仲間で、ムコ多糖類の一種。加齢により体内で不足するので、外部からの摂取が必要である。

コンドロイチン硫酸は皮膚、血管壁、軟骨、関節、人体、眼球など体のいたるところに存在しており、全身を動かすのに必要不可欠な存在。さらに、骨の成長も促し、骨粗鬆症の予防にも適している。
また、コンドロイチン硫酸は細胞組織に保水性、弾力性をもたらす効果もあるため、みずみずしいお肌を維持する上で重要な効果を発揮する。

その他、血中コレステロールや過酸化脂質を除去する効果もあり、目の角膜や水晶体にも作用するため、目の健康を維持したい方にも適している。

コンドロイチン硫酸は、動物期限の粘性のある多糖類の一つで、フカヒレ、ツバメの巣、納豆、やまいもなどのねばねばした食品に多く含まれる。
また、コンドロイチン硫酸はサプリメントや健康食品としても販売されているので、それらから摂取しても良い。

コンドロイチン硫酸に関するQ&A

コンドロイチン硫酸に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りコンドロイチン硫酸に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

親が2ヶ月前左膝が痛いので病院へ行きレントゲンを撮ったけど異常はありませんでした。 …
『腰痛にコンドロイチンは効かない』と、医者は頭ごなしに言いますが 全く効果ナシなのでしょうか? ではなぜ、普通に販売されているのでしょうか …
飲むヒアルロン酸とか、飲むコンドロイチン硫酸なる錠剤が巷に溢れていますが、こんなものはいくら飲んでも全て胃と小腸で徹底的に分解されて吸収され …
参壽惠という所から、「サンブロシア オタネニンジン果実エキス」という50ml入りの清涼飲料水10本で8000円+税の健康食品が、発売されてい …
この日焼け止め、ケミカルフリーが売りですが。。。 …