ペクチンをはてなブックマークに追加

ペクチンとは

ペクチンはりんごなどの熟していない果実に多く含まれており、不溶性食物繊維の一種である。

ペクチンは、未熟果実・野菜に多くふくまれいる不溶性食物繊維の一つであり、腸内で善玉菌を増やす働きをするほか水分量の調節をする働きがある。
また、下痢の時には蠕動運動を押さえ、便秘の時には水分を含んで便をやわらかくする。

ベクチンの効果・効能としては、便秘予防、便秘解消、痔の予防、有害物質の排泄作用、大腸がん予防、食べ過ぎ防止、あごの強化、虫歯予防などがある。


ペクチンに関するQ&A

ペクチンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りペクチンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

何をやっても直らない私の便秘。食生活はかなり良い方だと思います。フルーツも野菜や海藻からの食物繊維もミネラルウォーターもたっぷり取ってるし、 …
イライラ病に良く効く漢方薬、御茶は、何かありますか? …
アメリカのサプリメントって、安全ですよね?? …
りんごの食べすぎでお腹の具合が悪いのですが、 …
抗生物質のクラバモックスについて教えてください …