βカゾモルフィンをはてなブックマークに追加

βカゾモルフィンとは

βカゾモルフィンは、牛乳タンパク質であるカゼインから体内で分解される過程でできるアミノ酸の集合体で、鎮痛効果がある。

βカゾモルフィンは鎮静作用で精神を安定させ、インスリンを増加させることで血糖値の上昇を防ぎ、食物が小腸内にとどまる時間を長くすることによって栄養分の消化吸収率を上げる作用や免疫作用などが確認されている。

βカゾモルフィンは主に牛乳から摂取されるカゼインにより合成される。

βカゾモルフィンに関するQ&A

βカゾモルフィンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りβカゾモルフィンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

見つかりませんでした