CPP(カゼインホスホペプチド)をはてなブックマークに追加

CPP(カゼインホスホペプチド)とは

CPP(カゼインホスホペプチド)とは、牛乳タンパクであるカゼインが分解された栄養素で、カルシウムの吸収を促進する効果がある。

日本人は特にカルシウムが不足されている民族とされる。CPP(カゼインホスホペプチド)はカルシウムや鉄といったミネラル分を結合し溶けやすくして吸収率を高める効果がある。

そのため、CPP(カゼインホスホペプチド)を摂取することにより、カルシウムの吸収を高め骨粗鬆症などの予防にも効果的である。

一般的には、牛乳などから摂取されるカゼインからCPP(カゼインホスホペプチド)を生成するが、近年ではCPP(カゼインホスホペプチド)を配合したサプリメントが販売されている。

CPP(カゼインホスホペプチド)に関するQ&A

CPP(カゼインホスホペプチド)に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りCPP(カゼインホスホペプチド)に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

夜、歯磨きをしたあとにガムを噛むと虫歯になりますか? …
風邪がなかなか治らず血液検査をしてもらいました。その結果CPPが0.8といわれました。どのような病気になっているか心配です。 …
日本人に虫歯や歯周病が多いのはなぜか? …
リウマチについて教えてください …
xplane-10というソフトを起動する際に、 …