グルタミン酸をはてなブックマークに追加

グルタミン酸とは

グルタミン酸は体内で作られる非必須アミノ酸である。脳に必要なアミノ酸で、化学調味料の旨み成分の一部である。

グルタミン酸は体内で脳の機能を妨げるアンモニアを排出働きがあり、またアルコール依存症の抑制、認知症などにも好結果が見られる。

しかし、私たちは化学調味料などでグルタミン酸を過剰摂取している状態に近く、過剰摂取が続くと、神経の高ぶり、神経症、幻覚、手足のしびれなどの症状が報告されている。

グルタミン酸を多く含む食品は、海藻、大豆、アーモンドなどで、脳機能の向上などを目的にグルタミン酸を摂取しようと言う場合は、わかめや昆布といった天然の食材から摂取するのが好ましい。

グルタミン酸に関するQ&A

グルタミン酸に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りグルタミン酸に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

化粧品の成分に詳しい方、教えて下さい。 …
最も肌に優しいであろう洗顔石鹸を教えて下さい …
500枚■グルタミン酸は危険というのは医学的根拠にもとづいた説ですか? …
シャンプーの成分について …
化粧品の成分や謳い文句の信憑性について …