チロシンをはてなブックマークに追加

チロシンとは

チロシンは、必須アミノ酸であるフェニルアラニンから作られており、神経伝達物質であるアドレナリン、ドーパミンなどを精製するほか、代謝を左右する甲状腺ホルモンやメラニンの材料である。

チロシンは神経伝達物質の材料であり、脳や神経の働きを活発にする。また、代謝を促進し、脳機能や行動にも影響を及ぼすと考えられている。

チロシンが不足すると、食べ物の代謝異常、脳機能障害などのリスクが高まる。

チロシンを多く含む食品は、チーズ、たらこ、大豆などがある。

チロシンに関するQ&A

チロシンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りチロシンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

鬱や不安障害は本当に病院に行けば治るものですか? …
統合失調症はドーパミンが過剰であるのが原因という仮説があるそうですが、やる気を出させるドーパミンが多すぎるといけないという何か逆の感じがしま …
鬱に効くサプリメントをアドバイスください。 …
躁状態になるためにはどうすればいいのでしょうか? …
うつ病です。 …