特に、アスパラギン酸は尿の合成を促進する効果があるため毒性のあるアンモニアを体外に排出して中枢神経を守る。

アスパラギン酸が不足すると、疲労しやすく様々な外的刺激に対する抵抗力が弱まる。

アスパラギン酸を多く含む食品には、豆類、サトウキビ、アスパラガスなどがあるが、熱に弱いため、加熱しすぎないようにする必要がある。

アスパラギン酸に関するQ&A

アスパラギン酸に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りアスパラギン酸に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

医師の治療内容に不信感を持っています。83歳の父が腹痛で入院し、1週間後に急性心筋梗塞による急性心不全(死亡診断書に記入されました)で亡くな …
人工甘味料:アスパルテームの人体への悪影響について …
シャンプーに詳しい方成分解析お願いします。いまサニープレイスのナノサプリ使ってます。成分は下記です …
医療従事者の方に質問です。 AST(エーエスティー?) …
化粧品の成分に詳しい方、教えて下さい。2歳の娘のアトピー、乾燥肌が改善されないので、スキンケアを出来るだけ、お肌に刺激の少ない成分で出来てい …
Webサービス by Yahoo! JAPAN


キャッシュ使用
様々な美容に関する用語をキーワードで検索する事ができます。なお、キャッシュを有効にしておくと、二度目以後の検索が高速になります。

 

美容用語インデックス
美容用語ランダム