アルギニンをはてなブックマークに追加

アルギニンとは

アルギニンは、成長ホルモンを合成する子供限定の必須アミノ酸。大人は体内で合成できるが、子供は必要な量のアルギニンを合成できない。

アルギニンは、成長ホルモンの合成に関与し、体内の活性化、免疫反応の強化が挙げられる。
また、筋肉の強化を促進する効果もあり、食欲抑制剤としても利用されている。

アルギニンを多く含む食品は、鶏肉や、海老、大豆、ゴマ、レーズンなどである。
サプリメントなどで摂取する場合は、就寝前の空腹時に摂取するようにすると効果的である。

アルギニンは、過剰摂取すると肌荒れ、皮膚が厚くなる、間接肥大などを招く恐れがある。