フェニルアラニンをはてなブックマークに追加

フェニルアラニンとは

フェニルアラニンは、神経伝達物質として神経細胞間で信号を伝達する役割を持つアミノ酸で、必須アミノ酸の一つである。

フェニルアラニンは、鎮痛剤として使われるなど鎮痛効果が高いアミノ酸の一つで、慢性的な痛み、(関節痛、リウマチなど)を軽減する効果がある。

うつにたいしても効果が高いことが近年の研究よりわかっている。

フェニルアラニンを多く含む食品は、肉類をはじめ、魚介類、卵、チーズなどがあり、ビタミンB12と一緒に摂取すると、多発性硬化症や神経や筋肉の各種にも効果があるとされている。

ただし、過剰摂取すると血圧が高くなりすぎる恐れがあるので、高血圧、妊婦、心臓病の方はフェニルアラニンの摂取について注意が必要である。

フェニルアラニンに関するQ&A

フェニルアラニンに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りフェニルアラニンに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

ダイエットをしたいのですが …
カロリーゼロの炭酸飲料について …
鬱や不安障害は本当に病院に行けば治るものですか? …
人工甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)を摂取し過ぎると体に何か悪影響はありますか? …
危険な人口甘味料 …


キャッシュ使用
様々な美容に関する用語をキーワードで検索する事ができます。なお、キャッシュを有効にしておくと、二度目以後の検索が高速になります。

 

美容用語インデックス
美容用語ランダム