ビタミンKをはてなブックマークに追加

ビタミンKとは

ビタミンKは、緑黄色野菜や納豆に多く含まれる脂溶性のビタミンであり、出血時の血液凝固効果、骨の形成に役立つビタミンである。

ビタミンKはカルシウムが骨から溶け出すのを防ぎ、また血液が体外に出たとき凝固させるという役割を担っている。ビタミンDで骨を形成し、ビタミンKで保護をするという役割分担ができている。

ビタミンKが不足してしまうと骨粗鬆症などのリスクが高まるが、成人での不足の可能性はほとんどない。一方、新生児でビタミンKが不足した場合は脳内出血症などの恐れがある。その他怪我をしたときに出血が止まりにくくなったり、軽い打撲でもあざができやすくなるという症状がある。

ビタミンKを推奨量の50倍以上を摂取すると副作用が現れたケースもあるが、ほとんどの場合副作用はない。

ビタミンKを多く含む食品は緑黄色野菜や納豆などで、成人のビタミンK摂取目安は男性75-80μg、女性60-65μgである。

ビタミンKに関するQ&A

ビタミンKに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りビタミンKに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

冬場の乾燥肌が酷いです。おまけにかなりの敏感肌でなかなか自分の肌に合う基礎化粧品を見つけられずにいます。 …
基礎化粧品成分について …
心筋梗塞や脳こうそくは、血管が詰まる病気ですが、血管の血栓を溶かす食べ物として納豆が良いと言われていますがビタミンKが含まれているため、血液 …
納豆を1日に (40gを4~5個)食べていますが、食べ過ぎると体に良くないでしょうか?納豆には,ビタミンkが含まれると聞きましたが、どのくら …
カリウム制限と減塩の食事に大変困っています。 …