ビタミンEをはてなブックマークに追加

ビタミンEとは

ビタミンEは、抗酸化作用の強いビタミンで過酸化脂質を抑制し動脈硬化を予防する効果がある。

ビタミンEは人体に悪影響を及ぼす過酸化脂質を、人体の細胞膜に待機してその発生を抑制する。この効果により、ビタミンEは動脈硬化を防止し心筋梗塞や脳卒中のリスクを減らす。

ビタミンEが不足すると、血行障害がおき、肩こりや、頭痛、しもやけ、冷え性などの弊害が起こりやすくなる。また、更年期障害を悪化させる可能性もある。ビタミンEを過剰に摂取すると血液が固まりにくくなるという研究報告もあるが、上限が700-800mgと多いので、食事によってこの量をオーバーすることはないだろう。

ビタミンEの摂取目安量は一日 100-300mgとされているが、現在日本人の平均摂取量は10㎎程度だから、かなりの開きがある。この差を埋めるためにサプリメントを活用するのが最も効果的である。

ビタミンEに関するQ&A

ビタミンEに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りビタミンEに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

健康の為に何か心掛けている事はありますか? …
アトピー性皮膚炎。 …
ダイエット中にお菓子は厳禁だと分かっていますがやめられません…。 …
大人ニキビに17の頃から悩んでいます。(現在22歳学生です) …
肌にいい果物 …