ビタミンCをはてなブックマークに追加

ビタミンCとは

ビタミンC(化学名アスコルビン酸)は、壊血病を予防する水溶性ビタミンとして発見されたビタミンである。主に果実などに多く、免疫力を高め、風邪やがんの予防に効果があるとされる。

ビタミンCは、ウィルスと白血球の働きを強化する効果があるため、免疫力が向上し、風邪をひきにくくなったり、発がん性物質の生成を抑える効果がある。また、ビタミンCはコラーゲンの生成に必要不可欠な栄養素であるため、コラーゲンが細胞を守り、様々な病気を予防する効果がある。

ビタミンC欠乏症の代表は「壊血病」で、そこまで至らないにしても欠乏することで、肌のハリがうしなわれ、シミができやすくなるなど弊害があり、またコラーゲンの合成がうまくいかないことから、骨や筋肉が弱まる可能性もある。

主に野菜や果物などに多く含まれるが、加熱に弱いため、軽くいためたりする程度の調理方法がよい。

ビタミンCに関するQ&A

ビタミンCに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りビタミンCに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

【画像注意】助けてください。汚い肌に本当に悩んでいます。 …
ビタミンCって取りすぎるとよくないんでしたっけ? …
もう死にたいです。助けてください …
ビタミンCの多く入っている食材は何ですか。 …
肌がニキビだらけで困ってます>< …