葉酸(ビタミンB9)をはてなブックマークに追加

葉酸(ビタミンB9)とは

葉酸(ようさん)とは、ビタミンB9とも呼ばれるビタミンB群のひとつで水溶性ビタミン。赤血球の生成、DNA合成の促進、胎児の先天異常予防などの働きをする栄養素のひとつ。

葉酸は赤血球を作り出す際、ビタミンB12とともにそれをサポートするビタミン。核酸やたんぱく質の合成にも関与しており、細胞分裂に必須とされるビタミン。

葉酸は細胞の育成をサポートするという観点から特に妊婦などにとっては重要な栄養素としており、この葉酸が不足することにより胎児の発育にとって大きな影響を与えるリスクがある。このほか、葉酸の不足により、舌や口腔における粘膜部分への悪影響、胃潰瘍、腸管潰瘍などを引き起こすとされている。
葉酸が多く含まれているのは、春菊、菜の花や枝豆、からし菜などの野菜類やアボガドやいちごなどの果実類のほか、レバーにもっとも多く葉酸が含有されている。

葉酸(ビタミンB9)に関するQ&A

葉酸(ビタミンB9)に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限り葉酸(ビタミンB9)に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

今、飲んでるサプリメント。 …
薄毛に効くサプリメント …
市販の鉄サプリ。 …
現在結婚二年目の夫婦です。 …
体がだるいです …