ビタミンB6をはてなブックマークに追加

ビタミンB6とは

ビタミンB6(びたみんびーろく)、科学名ピリドキシン。水溶性ビタミンでビタミンB群のひとつ。アミノ酸の代謝に関与、神経伝達物質合成などに作用する栄養素。

ビタミンB6はたんぱく質を分解してアミノ酸を生成する過程においてアミノ酸の合成をサポートする役割を持つ。特にビタミンB6は髪の毛や皮膚、歯を健康に保つ効果を持つ他、神経の働きを正常に保つ役割を持つ。

ビタミンB6が不足すると皮膚炎や口内炎、湿疹、蕁麻疹といった症状が現れる他、手足がしびれるなどの症状を引き起こすことがある。


ビタミンB6は、かつお、まぐろ、さけ、サンマといった魚類のほか、サツマイモ、ばなななどの果物や野菜などにも多く含まれる。なお、ビタミンB2の摂取が不足してしまうとビタミンB6の働きも阻害されるので合わせて摂取するように心がけたい。

ビタミンB6に関するQ&A

ビタミンB6に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りビタミンB6に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

28歳の男ですが、ニキビがよく出てきます。 特にあご下に出てきます どうすれば、ニキビが治るか教えてください サプリメントは、アルギニン4 …
よく言われることには、例えばビタミン剤を例にとってみますと、市販のものよりも医療機関でもらうものの方が圧倒的に効果がある、とのことです。 …
頭皮の荒れがひどいです …
通院している皮膚科にニキビの相談をして、牛乳石鹸などの固形石鹸を使いなさいと言われました …
パニック障害とセロトニン不足。 …