パントテン酸(ビタミンB5)をはてなブックマークに追加

パントテン酸(ビタミンB5)とは

パントテン酸(ぱんとてんさん)とは、ビタミンB5とも呼ばれビタミンB群の一つ。水溶性ビタミン。糖質・脂質・タンパク質の代謝促進作用を持つ栄養素。

パントテン酸は副腎の働きを促進させて、副腎皮質ホルモンと呼ばれるホルモンの生成を促進させることによりストレス抵抗力を身につけることができる栄養素の一つ。このほか、パントテン酸には免疫力の強化や善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増加させる作用を持つ。

パントテン酸が体内に不足すると体の抵抗力が弱まり風邪などの感染症を引き起こしやすくなる他、血圧の低下や動脈硬化などの引き起こすリスクが高くなるとされる。

パントテン酸は、主に、レバーのほか、カレイ、ニジマス、たらこなどに多く含まれている。なお、カフェインを摂取することでパントテン酸を消費するので、コーヒーなどをたくさん飲む人はパントテン酸を多く摂取するように気をつけたい。

パントテン酸(ビタミンB5)に関するQ&A

パントテン酸(ビタミンB5)に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りパントテン酸(ビタミンB5)に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

絶対にやせるらしいダイエット商品について …
中3女子です。胸が小さくて悩んでいます。 …
癲癇(てんかん)を患っている者なのです。ニキビ跡を目立たなくする為に薬局にて販売されている「ハイチオールC」を購入しようと考えているのですが …
もう二十年もニキビに悩まされてます。出来るところは最近ではフェイスライン、首、背中、胸あたりです。冷え性、肩こり、むくみなど、血流に問題があ …
正しいダイエットについて。食育・栄養学の知識のある方にお伺いしたいです。 …