ビタミンB12をはてなブックマークに追加

ビタミンB12とは

ビタミンB12(びたみんびーじゅうに)、科学名コバラミンとは、ビタミンB群の一種で水溶性ビタミン。補酵素として様々な反応に関与、正常な赤血球の生成、神経機能維持などの働きを持つ栄養素。

ビタミンB12は同じビタミンB群の一つである葉酸と一緒に赤血球が正常に生成されるのをサポートする作用がある。このほか、神経細胞の中にある核酸やたんぱく質の合成と修復をサポートするビタミンの一種。

ビタミンB12が不足すると、悪性貧血、神経過敏などの症状を引き起こす恐れがある。ビタミンB12を多く含む食品としては、レバーなどの肉類、牡蠣、サンマ、あさりなどの動物性食品があげられる。

ビタミンB12に関するQ&A

ビタミンB12に関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限りビタミンB12に合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、不適切な情報が掲載される可能性もあります。ご了承ください。

心療内科・精神科で処方された薬の服用についてアドバイスを下さい。 私の妻の事なのですが、先月末に本人にとって非常に怖い経験をし、体調を崩し …
よく言われることには、例えばビタミン剤を例にとってみますと、市販のものよりも医療機関でもらうものの方が圧倒的に効果がある、とのことです。 …
薄毛で悩んでます。 …
にきびが治らなくてとても悩んでいます(17才、男) …
シャンプーの成分について …