アポクリン腺

アポクリン腺(あぽくりんせん)とは、わきがの原因となる汗を出す腺。外耳や外陰などの限られた場所にあるが、大半は脇の下にあり肉眼で確認ができるほど大きく、ここから発せられるアポクリン腺液を皮膚にいる細菌が分解することにより強烈な匂いを出す。

エクリン腺

エクリン腺(えくりんせん)とは、体温調整などを目的として汗を分泌する分泌腺の一種。人体のほぼ全てに分布しており、緊張時や暑い時、刺激物を食したときなどに働く、わきがの原因となるアポクリン腺と異なり成分の99%が水分であり匂いは無い。

クイック法

クイック法(くいっくほう)とは、わきが(液臭症)治療のために行う外科手術の一種。脇の下に数ミリセンチの穴を開けて、カミューレと呼ばれる器具を用いて匂いの元となる汗腺(アポクリン腺)を吸引する治療法。数ミリの穴を開けるだけの手術で済むので手術跡が残りにくいのが特徴。

デオドラント剤

デオドラント剤(でおどらんとざい)とは、体臭発生の原因となる細菌などの繁殖を抑制する成分が含有されている体臭対策商品。

ノネナール

ノネナール(nonenal)とは、2000年に資生堂の研究チームが発見した物質。いわゆる加齢臭の主成分とされる物質のこと。「9-ヘキサデセン酸」が酸化したり、皮膚にいる微生物により発酵させられたりすることにより生じるニオイ成分のこと。

ボツリヌストキシン注入法

ボツリヌストキシン注入法(ぼつりぬすときしんちゅうにゅうほう)とは、クロストリジウム属の細。グラム陽性の大桿菌および偏性嫌気性菌であるボツリヌス菌を活用したわきがの治療法。毒素を持っており人体にとっては非常に有害な細菌であるが、毒素を加工することにより医薬品としても利用される。

制汗剤

制汗剤(せいかんざい)とは、汗の分泌を抑えることを目的とした消臭商品。皮膚に直接つけることにより毛細血管を収縮させ汗腺(汗がでる分泌腺)からの発汗を抑制する商品のこと。

剪除法

剪除法(せんじょほう)とは、わきが(液臭症)の治療法の一種。わきがの原因となるアポクリン腺を完全の切除してしまう治療法で、わきが以外も多汗症に対しても効果があるといわれている。匂いの除去率は非常に高い。

多汗症

多汗症(たかんしょう)とは、手のひら、足の裏、脇などの汗腺から必要以上に多くの汗を各症状のことを指す。緊張や不安といったストレスから交感神経が不安定になり、体温の上昇とは無関係にエクリン腺より汗が過剰に分泌される。

汗腺

汗腺(かんせん)とは、汗を分泌する分泌腺の総称。エクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、それぞれ体温調節を図る他、体臭を発生される原因ともなる。

液臭症

液臭症(えきしゅうしょう)とは、いわゆる「わきが」の医学的な名称のこと。アポクリン腺と呼ばれる分泌腺から出される分泌液を脇の皮膚表面や腋毛に生息している微生物等により分解されることにより匂いが発生する。


キャッシュ使用
様々な美容に関する用語をキーワードで検索する事ができます。なお、キャッシュを有効にしておくと、二度目以後の検索が高速になります。

 

美容用語インデックス
美容用語ランダム