アルギン酸

アルギン酸は、昆布やわかめなどの海藻類に多く含まれている、海藻多糖類の一種。肝機能の向上や血圧上昇抑制などの効果で知られている。

イヌリン

イヌリンは、ごぼうに含まれる食物繊維の一種で腸内の発癌物質や老廃物を吸着して体外に排出するなどの効果がある。

キチン(キトサン)

キチン(キトサン)は、カニやエビの殻に含まれている動物性の不溶性食物繊維で食品中の脂肪分の排出を促すなどのよい効果がある。

グアーガム

グアーガムとは、パキスタンやインドなどの一部の地域で生息するマメ科の植物種子から取れる成分で、水に良く溶け粘度が高いので増粘剤などの食品添加物として利用される。

グルカン

グルカンはグルコースでできている多糖類で不溶性食物繊維の一種で、生活習慣病を予防する効果がある。

グルコマンナン

グルコマンナンは、こんにゃくに含まれる水溶性食物繊維。食べたものを胃で包みこみ消化吸収を抑制することから血糖値の上昇を抑える効果がある。

コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸とは、食物繊維の仲間で、ムコ多糖類の一種。加齢により体内で不足するので、外部からの摂取が必要である。

セルロース

セルロースは、穀物の外皮に多く含まれる不溶性食物繊維の一種で、腸内の有害物質を吸着する。

フコイダン

フコイダンとは、海藻のぬめり成分のことを指しており、水溶性食物繊維の一種で、特にもずくに含まれている。

ヘミセルロース

ヘミセルロースは、穀物の外皮に含まれており、植物の細胞壁を構成する食物繊維の一種で不溶性食物繊維にあたる。

ペクチン

ペクチンはりんごなどの熟していない果実に多く含まれており、不溶性食物繊維の一種である。

ペクチン

ペクチンは、柑橘類の皮部分に含まれる成分で、腸内の乳酸菌を増やし、有害物質の排泄作用を促す効果が認められる。

ポリデキストロース

ポリデキストロースは、米国の製作会社が人工的に合成した食物繊維で、グルコースでできている。

リグニン

リグニンは、木質素ともよばれ、一般的にココア、豆類、いちごなどに多く含まれており、胆汁液を吸着して排泄させる効果がある。