CLA(共役リノール酸)

CLA(共役リノール酸)とは、善玉と呼ばれる不飽和脂肪酸の一種。リノール酸とは構造が異なる為、異性化リノール酸とも呼ばれ、肥満防止やコレステロール低下に効果がある。

DHA

DHAは、不飽和脂肪酸の一種で、体内で合成不能な必須脂肪酸の一種である。EPAと同様に魚の脂肪に多く含まれており、脳の働きを正常に保ち、生活習慣病の予防などに効果がある。

EPA

EPAは、不飽和脂肪酸の一種。鯖やいわしといった青魚に多く含まれ、別名IPA(イコサペンタン酸)といわれる。

KW乳酸菌

KW乳酸菌は、キリングループが開発した乳酸菌のひとつで、アレルギー症状や花粉症状などの症状緩和効果が高いとされている。主に免疫機能を強化する働きがある。

LG21

LG21は2001年に、明治乳業から販売されたヨーグルトの商品名で、乳酸菌の一種。

αリノレン酸

αリノレン酸は、多価不飽和脂肪酸のひとつで、体内において合成することができない必須脂肪酸の一つ。シソ油やごま油などに多く含まれており、EPAや、DHAに変換されアレルギーなどを予防する効果がある。

γリノレン酸

γリノレン酸は、体内においてリノール酸から合成される脂肪酸の一種で、別名でビタミンF。一部の海藻などから摂取できるが、ごく微量で、通常の人なら、リノール酸から合成できる。

アスパルテーム

アスパルテームは、アミノ酸から生成される人口甘味料。

アラキドン酸

アラキドン酸は、リノール酸から合成される必須脂肪酸の一つで、体内で合成され、免疫系機能の調整をする生体ホルモンに変換される。

イソマルトオリゴ糖

イソマルトオリゴ糖は、主に、みそ、しょうゆ、清酒、はちみつなどに含まれるオリゴ糖の一種。

オレイン酸

オレイン酸は、体内で合成が可能な一価不飽和脂肪酸で、オリーブオイルやナッツ類に多く含まれており、ほかの脂肪酸と異なり、参加しにくい特徴があり、発ガンの危険性がある、過酸化脂肪酸を作りにくいのが特徴。

カップリングシュガー

カップリングシュガーは、ショ糖にブドウ糖を結合させたもので、虫歯予防効果がある。

カフェイン

カフェインは、含窒素化合物一種。中枢神経を刺激し活発な活動を促進する効果があり、コーヒーや紅茶などに含まれいる。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は、主に母乳に含まれるオリゴ糖の一種。

キシリトール

キシリトールは、糖を化学反応させてから作られるアルコールの一種。

キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖は、主にたけのこやトウモロコシに多く含まれているオリゴ糖の一種。

キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖は、主にたけのこやトウモロコシに多く含まれているオリゴ糖の一種。

ギムネマ酸

ギムネマ酸とは、インド地方のギメネマ・シルベストという植物から抽出された成分で、肥満を改善し虫歯を抑える効果がある。

クエン酸

クエン酸とは、かんきつ類などに多く含まれる有機酸で、すっぱさの成分で、クエン酸サイクルとよばれる人体に必要なエネルギーを作り出す重要な機能を持っている栄養素である。

グルチルリチン

グルチルリチンは、カンゾウと呼ばれるマメ科の植物の根から抽出される天然甘味料。

コレステロール

コレステロールとは、脂質の一種で私たちの体の中で合成される。脳、神経、肝臓などの体の広域の分布しており、細胞膜の形成やホルモンなどの原料になる。ただし、コレステロールが過剰となると、肥満、生活習慣病などの原因となる。

サッカリン

サッカリンは、ショ糖の約500倍もの甘味を持つ人口甘味料。

スクワレン

スクワレンとは、深海サメの肝油の9割を占める油成分で、人体でも生成されますが、食品として摂取するほうが効果的。肝臓機能の強化や新陳代謝を活発化する。

ステビオサイド

ステビオサイドは、ステビアと呼ばれる、キク科の植物の葉から抽出される天然甘味料。

ソルビトール

ソルビトールは、糖を化学反応させてから作られる糖アルコールの一種。

パラチノース

パラチノースは、ショ糖における果糖のブドウ糖の結合法を変えた物質。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、細胞と細胞の間に存在してクッションのような働きをし、素肌を美しく保ち、美容関連でも注目を集める栄養素である。ヒアルロン酸は、関節液や関節軟骨などに含まれており、骨と骨のぶつかりによる衝撃を和らげている。また、眼球ではガラス体に含まれ水晶体や角膜の働きをスムーズにし、お肌にみずみずしさを保つ働きがある。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、乳酸菌における代表格の一種。腐敗菌や、病原菌の発生を抑制して、有害物質の生成を防ぐ効果がある。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は、たまねぎ、ごぼう、にんにく、バナナなどの食品に多く含まれる、オリゴ糖の一種。

マルチトール

マルチトールは、糖を化学反応させて作られる糖アルコールの一種。

ヤクルト菌

ヤクルト菌は、飲料メーカー「ヤクルト」にも含まれる乳酸菌のひとつ。

ラクトスクロース

ラクトスクロースは、主に、砂糖を加えたヨーグルトの発酵過程で、微量に作られるオリゴ糖の一種。

ラフィノース

ラフィノースは、ビート糖蜜から生成されるオリゴ糖の一種。

リノール酸

リノール酸は体内で合成することのできない必須脂肪酸の一つ。多価不飽和脂肪酸で、サンフラワー油、マーガリンなどに利用されている。

中鎖脂肪酸

中鎖脂肪酸とは、飽和脂肪酸の一種で、脂肪を燃焼させえる効果があるとして、ダイエット業界で注目されている

乳糖

乳糖は、単糖が二つ結合したもので、その名の通り、母乳や牛乳に含まれている。

大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖は、その名の通り、大豆の甘味成分でオリゴ糖の一種。

果糖

果糖とは、糖質の中で最も小さい単糖であるため、非常に消化吸収が早く、即効性がある。

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌とは、その名の通り植物性の乳酸菌である。