βカゾモルフィン

βカゾモルフィンは、牛乳タンパク質であるカゼインから体内で分解される過程でできるアミノ酸の集合体で、鎮痛効果がある。

アスパラギン酸

アスパラギン酸とは、その名前の通りアスパラガスなどに多く含まれるアミノ酸で、体内で他の栄養素からも作ることができる。有害物質を体外に排除し神経を守る働きがある。

アルギニン

アルギニンは、成長ホルモンを合成する子供限定の必須アミノ酸。大人は体内で合成できるが、子供は必要な量のアルギニンを合成できない。

イソロイシン

イソロイシンは、必須アミノ酸の一つで、からだの成長を促進したり神経の働きを良くしたり、幅広く活躍するアミノ酸である。

カゼイン

カゼインは、カルシウムを大量に含んでいるカルシウム結合タンパクである。カルシウムの吸収促進のほか、消化管の機能調整効果がある。

カルニチン

カルニチンは、食物に含まれるほか、体内でリジン、メチオニンからも合成される。カルニチンは脂肪の代謝を上げ、脂肪を効率的に燃焼させる効果がある。

ギャバ

ギャバとは、発芽玄米に多く含まれるアミノ酸の一種で、精神安定剤としての効果がある。

グリニシン

グリニシンは、必須アミノ酸のリジンやトリプトファンなどを多く含んでいる非常に良質なたんぱく質成分として知られている。

グルコサミン

グルコサミンは、ブドウ糖から合成されるアミノ酸の一種で、関節痛の鎮静効果などに効果を発揮。

グルタミン酸

グルタミン酸は体内で作られる非必須アミノ酸である。脳に必要なアミノ酸で、化学調味料の旨み成分の一部である。

グルテンペプチド

グルテンペプチドとは、小麦のグルテンが分解してできる成分で、鎮痛効果など有効な効果がある。

コラーゲン

コラーゲンとは、動物の結合組織に必ず含まれているたんぱく質の一種で、細胞同士をくっつける役割を果たしている。

シスチン

シスチンは、硫黄を含むアミノ酸で、システインの安定系で、必要に応じてそれぞれが転換するため、代謝的には同一とみなされる。

スレオニン

スレオニンは、トレオニンとも呼ばれる必須アミノ酸のひとつで、動物の成長を司る因子として注目を集めている。

タウリン

タウリンは、魚貝などに多く含まれるタンパク質で、血圧の降下、脳卒中の予防などの効果がある。 また、栄養ドリンクなどにもこのタウリンがよく用いられる。

チロシン

チロシンは、必須アミノ酸であるフェニルアラニンから作られており、神経伝達物質であるアドレナリン、ドーパミンなどを精製するほか、代謝を左右する甲状腺ホルモンやメラニンの材料である。

トリプトファン

トリプトファンは、エネルギーやビタミンの一種であるナイアシンの原料にもなる、必須アミノ酸の一種で、催眠効果や精神安定効果もある。

バリン

バリンは、必須アミノ酸の一つで、ロイシン、イソロイシンとともに分岐鎖と呼ばれる構造を持つ。

ヒスチジン

ヒスチジンは、発育に必要なアミノ酸で、大人は体内で合成するが、子供はまだ合成ができないため、子供にとっては必須アミノ酸。

フェニルアラニン

フェニルアラニンは、神経伝達物質として神経細胞間で信号を伝達する役割を持つアミノ酸で、必須アミノ酸の一つである。

メチオニン

メチオニンは食物から摂取する必要がある必須アミノ酸の一つであり、ヒスタミン濃度を下げて、抑うつ症状の治療にも使われている。

ラクトフェリン

ラクトフェリンとは、母乳や牛乳などの哺乳類の乳や唾液、涙などに含まれている糖たんぱく質で、特に乳児に対して感染症などから守る働きがある。成人に対しても抵抗力を高める効果がある。

リジン

リジンは、必須アミノ酸の一つで、人体を構成するたんぱく質の組み立てにおいて必要不可欠なアミノ酸の一種。

レクチン

レクチンは、豆や芋などに含まれているたんぱく質で、主に免疫力を強化、活性化する効果がある。

ロイシン

ロイシンは、必須アミノ酸の一種で、肝臓の機能を強化させるほか、筋肉を強化の働きがある。

CPP(カゼインホスホペプチド)

CPP(カゼインホスホペプチド)とは、牛乳タンパクであるカゼインが分解された栄養素で、カルシウムの吸収を促進する効果がある。